水行末・雲来末・風来末

アクセスカウンタ

zoom RSS ディフェンダー ドア不具合

<<   作成日時 : 2016/12/01 17:47   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ガイシャであるディフェンダー、やっぱり製造国とでは気象状況が日本とは違うのか、車体各部の水漏れ防止のゴム製品に対する考え方が少し違うような気がします。
実際、雨漏りは標準装備とまでうそぶくヘビーユーザーが多いのも事実。ほんでもってドアのラバーパッキンは、だいたい皆様ケーネンによるパッキンのゴム硬化とドアの閉まりが悪くなるのをご経験済みかと思います。

本来対応、といいますか大多数の皆様は固くなったゴムは交換されてるようですが、ワタクシのような不精者は、閉まりにくいなら力でねじ伏せりゃイイヤン、的な馬鹿力でドッシンバッタンやっていたら…

なんか最近ドアの内張りがブヨブヨするよね〜?→内装剥がれて→あれ?これって壊れてるよね〜?的な状況に陥っていました。

時間ができたので内張りを剥がしてみると!
画像
ドアを閉めるときに引っ張るハンドル?の上半分に力がまともにかかる部材、剥がれてました〜。
しかしナンデこんな作りカネ〜?これ、点付け3点で止めてあるんだよ〜?
よっぽどの南国でもない限り、寒くなったらゴム固くなって、だいたい皆様同じルートをたどるだろうに。

でも、のりしろの部分が多めにとってあったんで、即対処。
まずは点付け溶接痕をグラインダーでギュ〜ン。
ほんでもってしっかり重ねて位置合わせ、穴ほいで…
画像
ブラインドリベットで、バッツン。

溶接がはがれるんだから、リベットなんかすぐ逝っちゃうかもしんないけど、とりあえずはこれでイイヤ。
リベット刺すのは手間かかんないしな。

ところで今回ドア内張りはがしてて、全部で2種類13本ある、プラッチックのプッシュリベット、11本がダメになってました〜。
画像
こちらもケーネンによる硬化ですな。
たかが20年チョイで日本車はこうはならないので、日本車部品流用で探してみました。
1種類2本はエーモンのんが使えそうですが、枠をぐるり止めてる11本が似たようなのがなさそうダァ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いやいや、日本車の内張り固定用樹脂クリップも、案外壊れるよ〜。
頻繁に分解するのがそもそもいけないのかもしれないけど。
モノタロウで検索すると”内張りクリップ”のワードでたくさん出てきますな。
jpn2282
URL
2016/12/03 12:53
やっぱりそうかニィ〜。切れても1〜2カ所ならブッチするからそんな印象がないんでしょうか。
結局エゲレス車のクリップはモノタロウでも見つからなかったので、本国英国に発注しました。40本買ったので、ボキボキが多い日も安心です。
QKC84198
2016/12/03 21:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ディフェンダー ドア不具合 水行末・雲来末・風来末/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる