TS690DのAFコンデンサー交換

受信音が出なくなってもう10年以上ヤリッパなしてるわが家唯一の短波トランシーバーTS690Dでしたが、ヤリッパなしてる間にもググって探して原因はなんとかわかってたのだ~!
で、こやつの持病はAFのカップリングコンデンサーが異常な高確率でパンクの後、汁が飛び出しあっちゃこっちゃ腐食させて本体ごとご臨終、てのが最悪のストーリーっぽかったので、雨の日メニューでおいてたんだニィ~!
で、この前高松の部品屋でコンデンサーも買ってたので、大雨の本日、やっちゃうことにしました。s-DSCN0622.jpgまずは、分解バラバラ~!s-DSCN0623.jpg犯人はあんたですな?で、当たりをつけて…s-DSCN0629.jpg基板を外して…s-DSCN0632.jpgビンゴ!で、基板はまだ逝ってなくてラッキ~!とりあえず漏れたお汁を掃除して…s-DSCN0630.jpg交換部品はニチコンでキメ!s-DSCN0633.jpgで、直りました~!ちゃんと音が出るようになったよ~!
で、音が出るようになった瞬間、雨も小降りになってきたので、2mの単管買ってきて…s-DSCN0634.jpgノンラジアルのGPですが、あげました!
BPMくらいなら聞こえるようになりました!
だけどもだけど!21MHzのVSWRがATチューナーかましても2以下に落ちませんので、送信はまだしばらくお預けですなぁ~!
仕方がないから時計を合わす用だけに使います。

それにしても、ローガンダメダァ~!このコンデンサーのパターンが見えにくいんだもんなぁ~!

この記事へのコメント